シングルマザーへの支援

シングルマザーの生活支援

シングルマザーの生活支援としては、児童手当や生活保護、就職支援の他にも、助成制度や税金・年金の免除があります。例えば、母子家庭等の医療費助成制度について見ていくと、母子家庭に対して、医療費の一部を助成するものとなっています。各自治体によって細かい部分は異なりますが、制度の基本部分は共通しています。助成については、子供が18歳になるまでの間適用されます。注意点としては、生活保護を受けている家庭は対象外になります。

他にも、小児医療費助成制度があります。こちらは子供の中でも、0歳から中学校卒業までの子供を持つ家庭が対象です。詳細について見ていくと、入院・通院費は小学校6年生修了まで、中学生以上の子供をもっている場合は、入院に対する保険診療の自己負担分の助成となります。 注意点としては、入院時の食事代、保険適用外の検診等は対象外です。国民年金や健康保険の減免については、国民年金の場合、収入が少ないなどの理由から納めることが困難な母子家庭が対象です。近くにある区および市役所の国民年金係に相談すると、スムーズに対応を受けられます。また、国民健康保険についても、所得が基準以下の家庭を対象として、保険料の支払いが困難な際に、減免できる可能性があります。

手当や生活保護と合わせてこれらの支援制度を利用すれば、生活がかなり楽になります。特に役所やハローワークなどの施設は、生活支援の総合窓口になっているので、まずは一人で悩まず相談をすることが大切です。

私の師は、幼稚園の理事長も務める牧師です。私はもうひとりの若手の幼稚園教諭と共に教会内のお子さんとお母様の生活支援を行っています。今のところ、母子家庭の方はおいでではないのですが、時に片親の家庭にな...
行政レベルのシングルマザーへの母子手当て、生活支援は決して十分と言えない部分があります。その流れを受けて、NPOやNGOが、様々な支援を行っています。 沢山ありますので、幾つかご紹介してみましょう。...
近年、比較的お若い方が、妊娠をしてシングルマザーになることが多いと聞きます。私の友人にも籍を入れていない男性との子供を身に宿した子がいました。彼女の場合、パートナーが受け入れて喜んでくれたにもかかわ...