シングルマザー歓迎の仕事 母子家庭の就職支援

母子家庭のシングルマザーの就職支援

年々、増えてきているシングルマザーの生活支援の一環として就職支援を行う企業が増えています。これまでは、社会全体で支えていこうという理念に共鳴した一部の企業が中心で、何か特別なことをやっているという取り上げ方をされてきましたが、最近は多くの企業が当たり前のこととして実施しています。企業として当たり前にやるべきこととして定着してきていることは良いことです。

シングルマザーだけでなく子育て中の女性が働きやすい環境作りとして、託児所を設ける企業も多くなっています。仕事に集中できる職場環境を作っていくことは、働く側にも企業側にもメリットが大きいです。最近では、看護師など夜勤のある職場を中心に24時間託児所を用意するところも増えてきています。

転職する病院の選び方

看護師として転職する際に、選ばなければならないのは働く場所、つまり病院です。その病院の選び方ですが、まずは自分の専門分野の科があるかどうかが大切でしょう。そして毎日通勤するわけですから、できるだけ自宅近くの病院を選びたいですね。また、古い病院より新しい病院に勤めたいという人もいるかもしれません。このように、選び方には様々ありますが、絶対に外せないのはやはり自分の専門分野、希望する科があるかどうかで、家の近くや新しいかどうかは次に考えるようにしましょう。

また、実際にその病院で働いている人の声が聞ければ一番良いですね。働きやすいかどうかも重要なポイントになってきます。いくら家から近くて新しい病院でも、人間関係が悪い病院では働きたくないですよね。人間関係は実際に働いてみないと分からないところですが、重要なことなので、可能であれば実際に働いている人の声が聞ければ一番良いと思います。

あとは、自分で一回患者として病院に行ってみるのも良いかもしれません。もちろん病気がなければ病院に行くことはできませんが、何か病気があったり、体調が悪いことがあれば、行ってみた方がどういう病院だか肌で感じることができるのでおすすめします。そこの看護師の感じが良いかどうかも行ってみれば分かります。病院を選ぶ際には、このような工夫も少し必要です。転職する際の病院の選び方は、いろいろな基準を自分で優先順位を付けて決めるようにしましょう。

母子手当
母子家庭のシングルマザーをサポートするための助成金が母子手当の児童扶養手当になります。ひとり親家庭の児童のための補助金で役所で申請することで受給することができます。